STRENGTHS OF
REAL ESTATE

不動産の強み

不動産は、
“負けない戦い方が
できる資産”です。

日本国内はもちろん世界中の不動産物件の売買および最適な管理を手がけ、
現地のデベロッパーや管理会社ともネットワークを持つ
「GAC」なら、不動産を介した着実な資産形成のご提案が可能です。

株式との違いは、
自分でコントロール
できること。

投資の代表例として語られることが多い不動産と株式。

どちらもその性質や特徴を十分に理解した運用が求められますが、
不動産の最大の特徴といえば「現物である」ということではないでしょうか。

株式や為替は同じタイミングで購入して同じタイミングで売ればその価格は必ず同じになりますが、不動産は買い方(現金かローンか、金利の違いなど)が資産形成に大きく影響する上に、購入後の管理の仕方によっても資産価値に大きな差がついてしまいます。

そのため、物件の状態に合わせて適切に修繕・維持管理をしていくことで、同じ物件で20%以上の価格差が付く事も珍しくありません。つまり、不動産はオーナー(自分)が将来価値をコントロールできる唯一の金融資産であり、そこが最大の魅力と言えるでしょう。

「GAC」だからこそ
ご提案できる、
“負けない戦い方”が
あります。

株式や為替と同様、残念ながら不動産にも「必ず勝てる」という方法は
ありません。

しかしこれまで「GAC」が誇る経験豊富な不動産コンサルタントが積み上げてきた実績や、そこから導き出されたノウハウを落とし込むことで、「負けない戦い方」をすることは可能です。

その秘訣は、何より「GAC」が不動産によるお客様の資産形成のコンサルテーションに特化しているということにあります。したがって弊社の不動産コンサルタントがお客様に対して、株式の売買を直接的または間接的にお薦めすることもなければ、保険商品を勧めることもございません。真実一路、偽りのない真心をもってお客様に向き合い、「お客様に今、本当に必要な不動産とは何か?」を的確に判断して、購入後の管理の仕方まで踏まえた「負けない戦い方」をご提案いたします。