MESSAGE

代表挨拶

坂東 多美緒

お客様が不動産会社に真に望まれていることとは、一体何でしょうか。そして不動産会社はお客様のために、一体どんなことができるでしょうか。

私は前職でリーマンショック以前から10余年にわたって不動産業に携わり、資産形成としての不動産売買の現場に身を置く中で、「不動産こそ、国籍、人種、宗教などを問わず世界中の人々の幸せを具現化するものである」ということに気付かされました。
しかしそれは逆説的に言うと、「不動産は、物件の購入方法や購入するタイミング、手に入れた後の管理の仕方、それらのどれか1つでも間違えてしまえば、人々を不幸にしてしまう」ということでもあります。
事実、豪奢な暮らしを送る投資家であっても、購入した不動産物件が購入後に大きく資産価値を落とし、本人の意図に反して巨万の富を失ってしまったという例は星の数ほどあるのです。

このたび私が立ち上げた「GAC」は、そうした“不動産によって不幸になってしまう人”を作らない不動産会社です。目的はただひとつ、企業理念として掲げる“国籍、人種、宗教などを超越し、世界中の人々の笑顔と感動を創造する”ということのみ。
そのためには、「お客様はそもそも、不動産を持つ必要があるだろうか」、また「その不動産を持つことで、お客様がどんな幸せをつかめるだろうか」という根本的なところにまで立ち返ってお客様と徹底的に話し合い、常に情熱と誠意を持ってお客様の幸せのために尽くして参る所存です。

しかし残念ながら、私がこれまでの豊富なクロスボーダー取引を通して構築してきた世界中の不動産コミュニティのネットワークを駆使しても、「本当に優良な不動産物件」の数には限りがあり、お声掛けいただいた全てのお客様にご提案していくことは困難な状況です。

そこで弊社は「GAC」(Global Asset Community)という社名に込められた想いの通り、世界中に点在する資産をコミュニティに属する仲間たちで共有していくこととし、「共に成長し、共に羽ばたく」を念頭にスタートを切ったばかりです。
これから弊社は「アジアNo.1 不動産ソリューションカンパニー」を目指し、皆様の力をお借りして一歩ずつ進んで参ります。そしてこのコミュニティを少しずつ成長させ、10年後、20年後により多くの人たちを不動産を通じて幸せにしていくことができれば、これほど幸せなことはありません。

株式会社GAC
代表取締役 兼 CEO / 坂東 多美緒